いつまで敬老精神ぶら下げておるのじゃ?

燃え上がったプロジェクトは、速攻で水をぶっかけて何とか鎮火した。
怒濤の一週間であった。

外注先の担当者が、「おいお前もう定年じゃねーのかよ!」といった風体の老人で、初対面のときから「こいつ本当に大丈夫だろうな…」と心配していたんだけど、やっぱりダメだった! というのが今回のあらすじである。

大した要件でもないのに懇切丁寧に説明して、分かりやすく資料にまとめて手渡して、さてどうなったかと状況を確認したところ…
分かりやすく例えるなら、俺はジャンプを買ってこいって言ったのに、文藝春秋を持ってレジに並んでいた。
まだジャンプSQだったら分からなくもないけど、文藝春秋は言い訳の余地が無いだろ!

「それマンガですらないだろ!」と怒りの電話を鳴らすと、「ああやっぱりダメだったか…」といった雰囲気で上の人がすっとんできた。先方でも扱いに困ってるという空気をひしひしと感じた。
定年間際になって管理職にもなれず現場でも鼻つまみ者、というのを目の当たりにして、怒りを通り越して哀しくなってしまった。

東方
紅魔郷→妖々夢→永夜抄→花映塚→文花帖→風神禄→地霊殿→星蓮船
これを分析すると、
普通→普通→普通→花映塚→カメラ→普通→普通→普通…
つまり次回作は花映塚ツー!

ザキだろ
プロフィール

うめぼし

管理人:うめぼし




Twitter
月別
カテゴリ
リンク